京都の下鴨車窓が『微熱ガーデン』を三股・長崎で上演

2020.12.01

下鴨車窓(京都)が『微熱ガーデン』(脚本・演出:田辺剛)を12月12日(土)~13日(日)に三股町樺山の三股町立文化会館で、12月15日(火)~16日(水)に長崎市五島町のアトリエPentAで上演する。

下鴨車窓『微熱ガーデン』

パクチーを育ててるんだと彼女は嘘をついた

とある地方の寂れた町。結のアパートは町の真ん中からさらに離れたところにある。鉢植えばかりになった小さな和室にももう慣れた。慣れたというより違和感に悩む余裕がなかった。
種まきから収穫まで淡々と、けれども抜かりなく育てる日々。大学の授業も抜かりなくこなす日々。
そうしてすべてにおいて抜かりなくやっていたはずなのに、いつの間にか取り返しがつかないことになっていると気づいたある日。
空は曇天の冬、乾いた田んぼ、つい口ずさんでしまったジングルベル。

下鴨車窓が、2016年の京都での初演以降、全国各地で上演してきた『微熱ガーデン』を、三股と長崎で上演する。主宰の田辺剛に、作品について聞いた。

ー『微熱ガーデン』はどのような作品ですか?

舞台は地方都市にある古アパートの一室です。そこでは学費や生活費に困った女子大生が植物を違法に栽培しています。社会の片隅に置かれ悪意なき悪と孤独のなかでなんとかして次の一歩を踏み出そうとする若者たちを描く作品です。
衣食住に困窮する「絶対的貧困」に対して、外見からは金銭的に苦しいようには見えずスマートフォンも持っている、けれどもギリギリの生活のなかでやり繰りするのが精一杯のところで生きる「相対的貧困」というものがあります。なんとかやってはいけるがそれ以上にはいけないという状況にジリジリと追い詰められ、孤独になり、見えないさまざまな悪意がさらにその状況を強くさせます。そうした閉塞感をじっくりと描いた作品です。

ー昨今の社会事情、重いテーマを扱った作品のようですね。

確かに明るいハッピーな物語ではないのですが、演劇専門誌では「不気味な美しさと哀しさを湛えた舞台」と評されることもありました。この作品の特設サイトがありまして、そこからTwitterでこれまでつぶやかれた感想をまとめたページにもつながっています。
初演は2016年で、2018年からは下鴨車窓のレパートリー作品として7都市の巡演と、今年この夏にはWebでLIVE配信する無観客の公演も行いました。舞台としてもずいぶん熟した感じになっていて、ぜひご覧いただければと思います。

ー宮崎と長崎を公演地に選んだ理由を教えて下さい。

福岡出身のわたしとしては、九州での公演はずっと念願でした。まずは実家のある福岡、そして北九州、こちらの2都市はすでに何回か公演を実現しました。
けれどもなかなかそれ以外の九州で上演する機会が得られない。そんなところ、まずは長崎のアトリエPentAさんが公演団体の募集をしてらっしゃった。劇場のサイズも『微熱ガーデン』にちょうどぴったりで良い劇空間が作れそうだと思いまして、申込をして採択していただきまして。次に、長崎だけではもったいないと、2014年の夏に、宮崎県立芸術劇場の企画「リーディングナウ2014」で演出家として呼んでいただいたご縁をなんとかつなげたいと、関係者の方々に相談したところ、三股町立文化会館さんで受け入れていただくことになった次第です。念願の宮崎公演です。

ーコロナ禍の中、どのような生活をしていましたか? 

稽古場や劇場が閉鎖されてしまったときは、もうどうしようもないので家に籠もってました。3月〜4月のツアー公演も延期になり、11月に上演できました。悶々としていました。劇場が再開になっても客席数は少なく設定して、またお客さんの出足も鈍くなってしまうのは自然なことですが、それでもできることから淡々とやっていこうとしています。いつまた閉鎖になるかもしれませんが、だからといってジッとしてるわけにもいかないとダメならダメでと動いているところです。来年度の予定も決めましたが例年通りのリズムです。

ー最後にメッセージをお願いいたします。

宮崎も長崎も下鴨車窓としてははじめましての土地ですが、その地域また近隣にお住まいのみなさんどうぞよろしくお願いします。『微熱ガーデン』、なかなか濃密な舞台ですのでどうぞご期待ください。

出演は、中村彩乃(安住の地/劇団飛び道具)、野村明里、吉田知生。

チケットは、一般2,500円、ペアチケット4,300円、ユース(25歳以下)1,800円。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせは下鴨車窓hello@mogamos.link、050-3709-9538まで。


下鴨車窓『微熱ガーデン』

脚本・演出:田辺剛
料金:一般2,500円
   ペアチケット4,300円
   ユース(25歳以下)1,800円

【宮崎公演】みまた・演劇物産展2020冬参加作品
日時:2020年12月12日(土)19:00※
        13日(日)14:00
   ※アフタートーク開催
会場:三股町立文化会館(北諸県郡三股町樺山3404ー2)

【長崎公演】ペンタの日2020参加作品
日時:2020年12月15日(火)19:00※1
        16日(水)19:00※2
   ※アフタートーク開催
会場:アトリエPentA(長崎市五島町8−7 3F)

【関連サイト】
下鴨車窓『微熱ガーデン』特設サイト
下鴨車窓(Twitter)

【関連記事】
下鴨車窓、3年ぶりの福岡・北九州公演

下鴨車窓『微熱ガーデン』

※情報は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket