コロナ終息を祈願した能舞台

2021.01.08

「コロナ終息祈願 能楽新春コンサート」が1月10日(日)、福岡市中央区警固の森本能舞台で行われる。

「コロナ終息祈願 能楽新春コンサート」

コロナ終息を祈願した能舞台が福岡で上演される。曲目である「神歌」は、座した状態で行う表現形式。観阿弥・世阿弥の時代以前に神事として用いられ、神官が正月や舞台開き、お祝い事の催しに演じた。この公演の他に伝統芸能に携わる表現者によるトーク、高砂の舞囃子も披露される。主催者からメッセージが届いた。

高砂は待謡から最後まで演じます。また神歌はとても特殊なもので「能にして能にあらず」と言われる神事のなごりを残したおめでたい曲目です。ぜひ会場で、また今回は会場にお越しいただかなくてもオンラインで3日間ご覧いただけます。大連吟でお会いいたしましょう。

出演は今村哲朗、今村嘉太郎。

チケットは3,000円(オンライン視聴1,500円)。オンラインチケット予約はTIGETでの取り扱い。

お問い合わせは070-5416ー2621、yoshitarou0423@gmail.comまで。


「コロナ終息祈願 能楽新春コンサート」

日時:2021年1月10日(日)13:00
会場:森本能舞台(福岡市中央区警固3-8-1)
料金:3,000円(オンライン視聴1,500円)

【関連サイト】
今村嘉太郎公式サイト

「コロナ終息祈願 能楽新春コンサート」

※情報は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket