太田省吾の傑作『水の駅』、9月に福岡で上演

2021.08.09

『水の駅』(作:太田省吾、演出:金世一)が9月4日(土)〜5日(日)、福岡市早良区百道のももちパレス 大ホールで上演される。

『水の駅』

国内外で200回ほどの上演を重ねる太田省吾の代表作『水の駅』。1981年の発表以来、セリフを一切排除した「沈黙劇」として高い評価を得た本作を、日韓演劇交流プロジェクト“HANARO project”で福岡でも活動を行ってきた金世一が手がけ、9月に福岡で上演する。

金世一氏は2019年春に釜山市立劇団に招聘され、『水の駅』を演出、好評を博した。今回は出演者オーディションを行い、福岡・佐賀・関東で活躍する実力あるキャストが集う。2022年には本作の海外公演も見据えており、40年前の作品が、いまのコロナの状況下で、どのような姿で舞台に立ち上がるか、それがあらためて海外でどう評価されるか、期待が高まる。

出演は、大恵彩乃、酒瀬川真世、進藤祐行、陣内幸史郎、鈴木みらの、竹内真菜、坪内陽子、戸澤真治、富田文子、濱吉清太朗、ひらな唯夏、福田剛昌、福地涼、本家徳久、松永檀、丸林孝太郎、宮木秀明、山下晶、山本由貴、吉田智惠。

チケットは、全席指定で一般3,500円(当日4,000円)、U22 2,500円(当日3,000円)。ローソンチケット(Lコード:82443)、水の駅公式サイトでの取り扱い。

お問い合わせはアートマネージメントセンター福岡mizunoeki.fuk@gmail.com、070-3258-4941まで。


『水の駅』

作:太田省吾
演出:金世一
日時:2021年9月4日(土)18:00
        5日(日)13:00
会場:ももちパレス 大ホール(福岡市早良区百道2-3-15)
料金:一般3,500円(当日4,000円)
   U22 2,500円(当日3,000円)

【関連サイト】
『水の駅』

※情報は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket