女性の10年間を10人の女優で描く作品、2本連続上演

2022.02.03

とみぃさんぷれぜんつ(福岡)が『IN HER TWENTIES』(脚本・構成・演出:上野友之)をを2月18日(金)~20日(日)に福岡市博多区千代のパピオビールーム大練習室で、『IN HER FORTIES』(脚本・構成・演出:上野友之)を2月25日(金)~27日(日)に福岡市東区千早のなみきスクエア大練習室で上演する。

福岡きびる舞台芸術祭 キびる-こ結び- 2022 とみぃさんぷれぜんつproduce『IN HER TWENTIES/IN HER FORTIES』

福岡を中心に活動する富田文子が立ち上げたユニット「とみぃさんぷれぜんつ」。これまでは『白雪姫』や『藪の中』など文学作品を上演してきたが、今回、自身が2014年に俳優として参加した『IN HER TWENTIES』がきっかけとなり、初のプロデュース公演を行う。

「一人の20代女性が過ごす20歳から29歳までの十年間を、20代の女優十名で描き出す」というコンセプトで上演されてきた『IN HER TWENTIES』。今回はその「40代女性版」にあたる『IN HER FORTIES』の初演とともに、連続上演を行う。

出演は、『IN HER TWENTIES』に德岡希和(飛ぶ劇場)、森唯美(劇団言魂)、Suzuno、有森楓、水上初佳(楽描-Rakugaki)、綿貫美月(劇団HallBrothers)、平田向日葵、小渕あさ、山崎瑞穂(万能グローブガラパゴスダイナモス)、悠乃(劇団トキヲイキル)。
『IN HER FORTIES』に幸代、富田文子(とみぃさんぷれぜんつ)、五十里直子、古賀今日子(yum yum Cheese!)、萩原あや(劇団HallBrothers)、佐藤恵美香(飛ぶ劇場)、佐瀬恭代(劇団5454)、木下りさ(劇団四灯星・あかりのプロダクション)、仲千恵(劇団爆裂感乱写)、うらりーな(ちょこモ)。

チケットは、前売3,000円(当日3,500円)、学生2,000円、高校生以下1,200円、通しチケット5,000円(50枚限定)。予約フォーム、ローソンチケット(Lコード:84342)での取り扱い。

お問い合わせはinher.fuk2021@gmail.com、070-3258-4941(AMCF)まで。


福岡きびる舞台芸術祭 キびる-こ結び- 2022
とみぃさんぷれぜんつproduce『IN HER TWENTIES/IN HER FORTIES』

脚本・構成・演出:上野友之(劇団競泳水着)
料金:前売3,000円(当日3,500円)
   学生2,000円
   高校生以下1,200円
   通しチケット5,000円(50枚限定)

『IN HER TWENTIES』

日時:2022年2月18日(金)19:30
        19日(土)15:00/19:00
        20日(日)13:00/17:00
会場:パピオビールーム大練習室(福岡市博多区千代1-15-30 B2F)

『IN HER FORTIES』

日時:2022年2月25日(金)19:30
        26日(土)15:00/19:00
        27日(日)13:00/17:00
会場:なみきスクエア大練習室(福岡市東区千早4-21-45)

【関連サイト】
『IN HER TWENTIES/IN HER FORTIES』
『IN HER TWENTIES/IN HER FORTIES』(Twitter)

※内容は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket