東京デスロック『再生』が2バージョンを同時上演

2022.06.23

東京デスロック『再生』劇団+北九州バージョン(作・演出:多田淳之介)が7月9日(土)~10日(日)、北九州市小倉北区室町の北九州芸術劇場 小劇場で上演される。

東京デスロック『再生』劇団+北九州バージョン

東京デスロック(東京)が2006年に初演した『再生』を、劇団オリジナルバージョンとオーディションで選ばれた俳優による北九州バージョンで同時上演する。本作は、当時社会問題となった集団自殺をモチーフにしながら、30分の物語を3回繰り返すという構造の作品。作・演出を担当する多田淳之介と、北九州バージョンの出演者である加茂慶太郎からメッセージが届いた。

多田淳之介

初演から16年、5年ぶりの『再生』再演。この作品はどんな時代でも誰もがいつかは消える命を持ち、それぞれの時代をそれそれの場所で生きていくというシンプルかつ普遍的なテーマを、観客と今ここを共有する演劇の力を最大限使ってお届けします。北九州ver.では北九州の今ここ、そしてこれからへの思いを現地の出演者と一緒に立ち上げようと思います。観客の皆さんにも今ここで生きていることを是非楽しんでいただけたら嬉しいです。

加茂慶太郎

出演者募集の情報をひと目見たときから応募を決めていました。一昨年初めて東京デスロックの作品を観て、“人々が共存している”ことを強く体感しました。その場に関係する人々が、ともに在るということを知覚し、何かと向き合う。そのきっかけたれることが、演劇の持つ大きなパワーだと考えています。今作で自分は俳優としてそこに在り、何かと向き合います。福岡産の『再生』が、あなたにとっても何かのきっかけになりますように。がんばります。

東京デスロック『再生』劇団+北九州バージョンⓒbozzo

東京デスロック『再生』劇団+北九州バージョンⓒbozzo

出演は、劇団バージョンに夏目慎也、佐山和泉、原田つむぎ、松﨑義邦(以上東京デスロック)、岡田智代、波佐谷聡、田中美希恵。北九州バージョンに隠塚詩織、加茂慶太郎、五島真澄(PUYEY)、田中凜、平嶋恵璃香(ブルーエゴナク)、松永檀、やわらあさ(演劇関係いすと校舎)。

チケットは、劇団バージョンが一般3,500円、ユース2,500円、高校生〔的〕チケット1,000円。北九州バージョンが一般2,500円、ユース1,500円、高校生〔的〕チケット1,000円。劇団・北九州1日通し券が一般4,500円、ユース3,000円、高校生1日通しチケット1,500円。なお、ユースは24歳以下・要身分証提示、高校生〔的〕チケットは枚数限定、劇場窓口・電話/前売のみ取扱、要学生証提示。

北九州芸術劇場窓口・オンラインチケット・電話093-562-8435(10:00~18:00土日祝を除く)、響ホール事務室、チケットぴあ、ローソンチケットでの取り扱い。

お問い合わせは北九州芸術劇場093-562-2655(10:00~18:00)まで。


東京デスロック『再生』劇団+北九州バージョン

作・演出:多田淳之介
日時:2022年7月9日(土)13:00(北九州)/17:00(劇団)
       10日(日)13:00(北九州)/17:00(劇団)
会場:北九州芸術劇場 小劇場(北九州市小倉北区室町1-1-1-11 6階)
料金:【劇団Ver.】一般3,500円
        ユース(24歳以下)2,500円
        高校生〔的〕チケット1,000円
   【北九州Ver.】一般2,500円
         ユース(24歳以下)1,500円
         高校生〔的〕チケット1,000円
   【劇団・北九州1日通し券】一般4,500円
               ユース(24歳以下)3,000円
               高校生1日通しチケット1,500円

【関連サイト】
北九州芸術劇場『再生』公演詳細ページ
『再生』特設サイト
東京デスロック

※情報は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket