劇団言魂、1年4か月ぶりの本公演は北九州と長崎で

2022.08.20

劇団言魂(北九州)が第八回公演『たびのゆめゆめ』(作・演出:山口大器)を8月25日(木)~28日(日)に北九州市八幡東区枝光本町の枝光本町商店街アイアンシアターで、9月3日(土)~4日(日)に長崎市五島町のアトリエPentAで上演する。

劇団言魂 第八回公演『たびのゆめゆめ』

むかーし、むかし、から続いて、今。
微睡みながらその道を進んでいる。
夢なんか見ないで、一歩ずつ。

時間と場所と人物を飛び越えて紡がれる、
理性と野生の間での人間的冒険活劇——。

北九州を拠点に活動する劇団言魂が、約1年4か月ぶりの本公演を北九州と長崎で上演する。劇団言魂の山口大器からメッセージが届いた。

私は近頃、努めて冷静でいることが求められすぎているように感じます。私たちの蠢く血潮は手懐けられて、野性的な衝動は押さえつけられすぎているようです。当然それらの衝動は社会で共生するために、秩序を守るために爆発されるべきものではありません。
しかし、どこかその理性が「諦め」に繋がっているような気がしてしまうのです。何かを叫ぶことはダサい、理想を追い求めることは寒い、怒りをもつことは成熟していない、と自省の中で立ち向かうことを諦めてしまっている自分や、身の回りの誰かがいると思うのです。感染症が流行し、国が国を侵略している今、平静を装われた私たちの中に渦巻く何かを叫んで来なかった体は、叫ぶことを怯んでいるように感じます。
この作品は、そんな怯んでしまう体の、恐れてしまう私の、そこに流れる血潮を掘り出すための作品にしたいと考えています。

出演は、柳田光優、片山桃子(以上、劇団言魂)、友田宗大(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、森川松洋(バカボンド座・北九州公演のみの出演)、荒木宏志(劇団ヒロシ軍・長崎公演のみの出演)。

チケットは一般2,000円、22歳以下1,500円。予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせは劇団言魂kotodama.kotokoto@gmail.comまで。


劇団言魂 第八回公演『たびのゆめゆめ』

作・演出:山口大器
料金:一般2,000円
22歳以下1,500円

【北九州公演】
日時:2022年8月25日(木)19:00
        26日(金)14:00/19:00
        27日(土)14:00/18:00
        28日(日)14:00
会場:枝光本町商店街アイアンシアター(北九州市八幡東区枝光本町8−26)

【長崎公演】
日時:2022年9月3日(土)15:00/19:00
        4日(日)14:00
会場:アトリエPentA(長崎市五島町8−7 3F)

【関連サイト】
劇団言魂
劇団言魂(Twitter)

劇団言魂 第八回公演『たびのゆめゆめ』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
※(8/22追記)公演中止になりました。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket