「日本の戯曲研修セミナー」オンライン、今年も4日間開催

2022.09.22

「『日本の戯曲研修セミナー』@オンライン2022~岡部耕大『肥前松浦兄弟心中』を読む!~」が9月27日(火)〜10月9日(日)のうち4日間、オンラインで行われる。現在その見学者を募集している。

「日本の戯曲研修セミナー」@オンライン2022~岡部耕大『肥前松浦兄弟心中』を読む!~

参加者が作品や作家についてディスカッションを通じて理解を深めることを目的とした「日本の戯曲研修セミナー」。これまで全国各地で地元の演出家が集って開催されてきたが、2020年からは新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、一部をオンラインで開催。今年度から、オンライン企画を独立させ、継続的に実施していくこととなった。

独立の第一弾となる今回は、岡部耕大『肥前松浦兄妹心中』を取り上げる。1978年に青年座で初演が行われ、岸田國士戯曲賞を受賞した本作品は、戯曲中で「松浦弁」が多用され、原初的かつ複層的な世界が描かれている。岡部耕大の生まれ育った九州で活動する演出家も参加し、声に出して読み、さらにディスカッションを通して、多角的に読み解く。

1日目には岡部耕大インタビューと、作者による一部本読み(事前録画)、2日目には、作品を読み解く上でのヒントとして、炭鉱をテーマとした制作や研究を行う國森麻衣佳氏によるレクチャーも予定しているという。

開催プログラムは以下の通り。

9月27日(火)

18:00 イントロダクション
18:15 戯曲を読む(一幕)
20:30~21:30 岡部耕大インタビュー・作者による一部本読み(事前録画)

10月7日(金)

18:00 レクチャー「炭鉱と美術―炭鉱をテーマとした美術表現の変遷―」
19:30 戯曲を読む(二幕)
21:00〜21:30 ディスカッション

10月8日(土)

18:00~21:30 ディスカッション

10月9日(日)

18:00~21:30 ディスカッション&プレゼンテーション

参加要項は「ZOOMに接続可能であること」「セミナー時間に常時接続の状態でいられること」。定員は50名。

料金は通しで1,000円、協会員無料。Peatix、メールgikyokubu.online@gmail.comでの申し込み。申し込み締め切りは最終日の開催時間まで(※応募人数によって先着順で締め切りとなる可能性あり)。

詳細は公式サイトを参照のこと。


「日本の戯曲研修セミナー」@オンライン2022~岡部耕大『肥前松浦兄弟心中』を読む!~

日程:2022年9月27日(火)〜10月9日(日)
会場:オンライン(Zoom)
料金:見学1,000円(通し)
   協会員無料
定員:50名

【関連サイト】
日本演出者協会

「日本の戯曲研修セミナー」@オンライン2022~岡部耕大『肥前松浦兄弟心中』を読む!~

※情報は変わる場合がございます。正式な情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket