幼児から楽しめるずっこけ狂言ばなし

2015.03.04

福岡県朝倉市で行われる『朝倉市国際子ども芸術フェスティバル』において、民族芸能アンサンブル若駒(大阪府)が3月22日(日)、朝倉市の朝倉女性センター軽運動室で『ずっこけ狂言ばなしすってんオヒャヒャーおきゃ~がり』(本案・演出:松本則子)を上演する。

民族芸能アンサンブル若駒『ずっこけ狂言ばなしすってんオヒャヒャーおきゃ~がり』

この作品は『節分』、『ふたり大名』という2つの物語と、その間に三味線と締め太鼓と能管(のうかん)を使った演奏『テレツク天』が入る構成となっている。能管とは日本の横笛の一つで、能だけではなく歌舞伎や寄席囃子、祇園囃子でも用いられる笛のこと。なかなか身近に接することの出来ない狂言だが、難しいことは何一つなく、楽しいお話になっている。この機会に狂言の世界を覗いてみてはいかがだろうか。

出演は、桜田舟完、藤原正憲、誉田創観。

チケットは1作品券大人1,500円、親子券2,000円(子ども・大人各1名)のほか、期間中フェスティバルのすべての公演を観ることの出来るフリーパスバッジがある。子ども700円、大人3,000円、親子券3,500円(子ども・大人各1名)。お問い合わせは2015fes@asakura-fes.jp、0946-63-9120(実行委員会事務局)まで。


民族芸能アンサンブル若駒『ずっこけ狂言ばなしすってんオヒャヒャーおきゃ~がり』

本案・演出:松本則子
日時:2015年3月22日(日)14:40
会場:朝倉市女性センター軽運動室(福岡県朝倉市杷木池田483-1)
料金:1作品券 大人1,500円、親子券2,000円(子ども・大人各1名)
   フリーパスバッジ 子ども700円、大人3,000円、親子券3,500円(子ども・大人各1名)

【関連サイト】
第14回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル
民族芸能アンサンブル若駒

民族芸能アンサンブル若駒『ずっこけ狂言ばなしすってんオヒャヒャーおきゃ~がり』 民族芸能アンサンブル若駒『ずっこけ狂言ばなしすってんオヒャヒャーおきゃ~がり』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報はお問い合わせ先にてご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket