劇トツ直前!ブルーエゴナクコメント

2015.03.20

3月22日(日)に本番を控えた北九州芸術工業地帯2015 関連企画『劇トツ×20分』。出場団体であるブルーエゴナク(北九州)から、決戦を前にコメントが届いた。ブルーエゴナクは『春の運命』(作・演出:穴迫信一)という作品を上演する。

−『劇トツ×20』に対する意気込みや作品についてのPRをお願いします。
劇トツ皆勤で三度目の挑戦となります。来年はいよいよ優勝しない限り出させてもらえないと思うので、崖っぷちの挑戦です。順番も一番、座組も劇団員のみ、潔く闘いたいと思います! 打倒、劇龍王!

−ライバルとなる「有門正太郎プレゼンツ」へ、何かメッセージを。
《有門正太郎》という男は自他共に認める九州随一の演劇バカの方でして、僕はその称号が欲しくてたまらないのです。九州随一の演劇バカ。劇トツでぶっ倒してそれが足がかりになればと思ってます!

出場団体の中で唯一1回目から参戦しているブルーエゴナク。「来年は出させてもらえないかも」と背水の陣で挑む彼らの三度目の正直なるか。

出演は、平嶋恵璃香、穴迫信一。

前売は完売。当日券などについてのお問い合わせは093-562-2655(北九州芸術劇場)まで。


劇トツ×20分 ブルーエゴナク『春の運命』

作・演出:穴迫信一
日時:2015年3月22日(日)13:00
会場:北九州芸術劇場 小劇場(北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11 6F)
料金:前売・当日共に1,500円 *前売は完売

【関連サイト】
『劇トツ×20分』詳細ページ
ブルーエゴナク

【関連記事】
短編で競い合う九州の演劇猛者!

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket