市民舞台の次回公演はミステリー?

2015.03.22

劇団「市民舞台」(熊本)が5月16日(土)〜17日(日)、熊本市中央区黒髪の熊本市男女共同参画センターはあもにい多目的ホールにて、『犯人がいっぱい ~清掃員 音無静香の事件簿~』(作・演出:松本眞奈美)を上演する。

劇団「市民舞台」『犯人がいっぱい ~清掃員 音無静香の事件簿~』チラシ

とある月曜日の朝、その「イヤな上司」の遺体は発見された。毎日、平々凡々と仕事をこなしているオフィスの一角で。すさまじく「イヤな上司」を巡り、平静を装う部下達のふとした瞬間に見え隠れする殺意。事情聴取を行う刑事達。そして清掃員・音無静香は「こんな遺体」を作り出した犯人を見つけ出すことができるのか? あなた、殺したい上司いますか?

「市民舞台」久しぶりの現代劇は、オリジナル作品では初となるミステリー。オフィスを舞台にした作品は2009年の『トリコロール』以来となるが、本作は『トリコロール』との共通点も見え隠れする。『トリコロール』にも登場した清掃員オトナシが、本作の主人公、音無静香のようだ。

ふだん仕事をしていると、人間関係でストレスがたまることが多い。そんな時ふと「あの人がいなくなればどんなにいいか」「あの人死ねばいいのに」などと考えてしまう、その「殺意」を掬い上げ、具体化することで、少しはストレスの解消になるのではないかと考えたことがこの作品の出発点。本作はタイトルを見るとサスペンスやミステリーのようだが、笑いを中心に物語が進んでいくコメディー。ストレスを笑いに変えて、ひと時のストレス発散をしてほしいとのこと。

「崖の上」や「怪しい第一発見者」など、サスペンスドラマが好きな方が思わずニヤリとしてしまうようなお約束も満載。いっぱいいるという犯人の、たくさんの犯行を、笑いながら楽しんでほしい。

出演は、吉岡志穂、宇野朱音、青谷一郎、石川雅道、樫山結、豊住季実枝(ここのす舎)、村上習子、江鉄之助、瀬上大輝(熊本大学演劇部/劇団大自然)。

料金は一般前売1,500円、当日2,000円、高校生以下は前売当日共に500円。ローソンチケット(Lコード:84783)、交通センタープレイガイド、熊日プレイガイド、『犯人がいっぱい』チケット予約専用メールフォームから購入できる。お問い合わせは劇団「市民舞台」gsmb@mail.goo.ne.jp、096-351-8245まで。


劇団「市民舞台」『犯人がいっぱい ~清掃員 音無静香の事件簿~』

作・演出:松本眞奈美
日時:2015年5月16日(土)18:30
        17日(日)13:30
会場:熊本市男女共同参画センターはあもにい多目的ホール(熊本市中央区黒髪3-3-10)
料金:一般前売1,500円、当日2,000円、高校生以下500円

【関連サイト】
劇団「市民舞台」

劇団「市民舞台」『犯人がいっぱい ~清掃員 音無静香の事件簿~』チラシ裏面

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket