森國真帆は富士山頂にたどり着いたのか?前編

2016.07.24

8月6日(土)~7日(日)に福岡市南区大橋のゆめアール大橋で行われる『INDEPENDENT:3rdSeasonSelection/ JAPAN TOUR』福岡公演。この公演の成功を祈念して、去る7月22日(金)〜23日(土)、本事業担当のFPAPプロデューサーの森國真帆が富士山登頂に挑んだ。mola!では森國の挑戦を生ぬるく見守るべく、登山を2日後に控えた7月20日(水)、事前インタビューを行った。

森國 こんにちはー、暑いですねー。

FPAPプロデューサー森國真帆。28歳。山口県出身。高校時代、地元の市民ミュージカル劇団に入団。大学に進学し、神戸大学演劇研究会はちの巣座(※1)に所属、制作や役者を経験。学校ではアートマネジメントなどを学び、大阪の一般企業での会社員生活を経て、現在のNPO法人FPAPに就職した。

森國真帆

―2日後には富士山に登るんですよね。

森國 はい。

―登れるんですか?

森國 登れる? ……登ります登ります、登りますよ!

―ほんとに登れるんですか?

森國 登ります登ります、登りますよ! ……登れますかね?

―森國さんは以前、あなピグモ捕獲団が行ったマラソン企画「機関車フタバ」(※2)で、伴走する予定が途中で断念したんですよね?

森國 はい……。

―どのくらい伴走されたんですか?

森國 1.6キロです。

―1.6キロ。

森國 だって「機関車フタバ」のときは双葉さんがめっちゃ早くて!

―双葉さんは何キロ走ったんですか?

森國 たしか20キロくらいです。

―森國さんは?

森國 1.6キロ。

―それで本当に富士山登れるんですか?

森國 登れるかな? ……登ります登ります、登りますよ! いや、これまで「デブカブ」(※3)や「機関車フタバ」で他のひとを走らせてばっかりで私なんにもしていないので、「じゃあお前はなにをやっているんだ!」みたいな感じになって。決してそんなふうに言われたわけじゃないんですけど、自分のなかで、ありまして。

―自分も何かしなきゃと?

森國 そんな感じですね。でも前々から富士山には登ってみたくて。

―そうだったんですか。

森國 30歳までには登ってみたい! って思ってて、周りにはちょくちょくそういう話をしてて。そしたら「この機会に挑戦すれば? でも登れるの?」「じゃあ登るよ!」みたいな。

森國真帆

体力にはそれなりに自信があるという森國。小学生のときは6年間の水泳で心肺機能を鍛え、中学ではソフトテニス部に在籍しフットワークを磨き、高校では体育会系の活動は行っていなかったものの、自転車で30分の道のりを3年間立ち漕ぎで通学し、足腰は鍛えたとのこと。それがなぜ「機関車フタバ」の伴走では1.6キロで断念したのか。

―日本一高い山に登るんですよね。

森國 ええ。大学が六甲山の中腹にあるんで、毎日毎日六甲山に登って。登山してたみたいなもんです。

―だから富士山もいけると?

森國 ですね。

―これ、仮に8合目くらいで断念したら、とりあえず8合目で公演の成功を祈念して帰るって感じですか?

森國 そういうのやめてください。

―8割成功を祈念します! みたいな。

森國 100%祈念しますから。

―登頂8合目記念! 2割引で8割祈念します! みたいな。

森國 ほんとやめて下さい。

―じゃあ、話題を変えましょう。金曜から登るということですが、どのルートで登るんですか? 富士山って確か4~5くらいの登山ルートがありましたよね?

森國 吉田口(※4)登山道から登ります。5合目からのスタートになります。昼ごろから登って、8合目で山小屋で宿泊、夜中に山頂を目指す、そんな感じになります。

―登っているときってレポートはできるんですか?

森國 さすがにリアルタイムは難しいと思うんですけど、山小屋にWi-Fiが飛んでるみたいなので、報告はしていきたいです。

―では「高山病なう」とか「山小屋にてレスキュー待ち」みたいな痛々しいツイートが見られるかもしれない、と。

森國 ……かもしれませんね。

―『INDEPENDENT』ツアーは大阪公演が終わって、いま東京で公演中じゃないですか?

森國 そうですね。

―これ、絶対成功しないといけないですよ。福岡公演の祈念というよりジャパンツアーに関わってるみんなが注目してますよ!

森國 本当、そうですね……。いや、でも、やっぱ失敗する可能性もあると思うんですよ。

―え?

森國 富士山登頂の成功率を調べたら50%くらいなんですよ。あと、天候とかもあるじゃないですか。

―あーまあそうですね。

森國 なので、これは一種の賭けですね。そのへんをドキドキしながらツイートを追っていただければいいかなあと思います。

―はい。

森國 4月にですね、福岡で、近くの山で予行練習したんですよ。そのときは登れませんでした。

―え? ……ちなみにその山の標高は?

森國 どのくらいだったかな? 標高700mくらい?(スマホで山の情報を調べる)でも、途中で雨が降ってきたんですよ。着替えとか用意してなくて。あ、ごめんなさい、700mとか全然うそでした。209mです。

―……それ富士山に例えたら0.6合目とか0.7合目とかですよ。

森國 いやあーあのときは悔しかったですね。

―そうですか。

森國 …………登れますかねぇ?

―さあ。

森國 ……私、登れると思います?

―いやあーーー。

森國 ……私、登れると思いますか?

―んー。じゃあ、mola!を読んでる方にも訊いてみましょうか。Twitterにアンケート機能がついてますよね。

森國 あーありますね。

―森國は富士山に「登れる」か「登れない」か。

森國 「登れる」に入れてくれるかなあ。どう思います?(※5

―半々なら良い結果と思います。もともと登頂率50%でしょ? それを上回ったら大したものだと思います。

森國 そっか。

―では、富士登山に向けての抱負とか意気込みをいただけますか?

森國 はい。富士山登頂は目標だけど目的ではありません。目的は一人でも多くの方に『INDEPENDENT』に足を運んでいただくことです。全国各地で開催される『INDEPENDENT』にご来場いただき、楽しんでもらえればと思います。よろしくお願いいたします。

果たして森國は富士山の頂上にたどり着くことができたのか? 中編に続く。

※1)はちの巣座
150回以上の公演歴がある神戸大学演劇研究会の名称。かつて腹筋善之助や佐々木蔵之介も在籍していた。

※2)「機関車フタバ」
あなピグモ捕獲団(福岡)の女優、野中双葉が公演の成功を祈念して、福岡市内の劇場を駆け抜けた企画。

※3)「デブカブ」
王子小劇場(現・花まる学習塾王子小劇場/東京)の芸術監督北川大輔が、就任の挨拶として、真冬の東京から福岡までを原付バイクのカブで単独横断するという企画。

※4)吉田口
富士山登頂ルートはおもに吉田ルート、富士宮ルート、須走ルート、御殿場ルートの4ルートがあり、吉田口からのルートは富士登山者の6割が使うという初心者向けのルート。

※5)どう思います?
みんなはこう思った。


『INDEPENDENT:3rdSeasonSelection/ JAPAN TOUR』福岡公演

日時:2016年8月6日(土)14:00[Aブロック]k1/j/c
            16:30[Bブロック]k2/f/i
            19:00[Aブロック]k3/c/j
        7日(日)13:00[Bブロック]k1/i/f
            15:30[Aブロック]k2/c/j
            17:30[Bブロック]k3/f/i
会場:ゆめアール大橋(福岡市南区大橋1-3-25)
料金:一日通し券(全作品)2,500円(当日2,800円)
   1ブロック券(3作品)1,800円(当日2,000円)

【関連サイト】
『INDEPENDENT』Special企画成功祈願!私、富士山登っちゃいます!

【関連記事】
『INDEPENDENT』成功祈願の富士山登頂チャレンジ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket