コマゲキジョウな日々(第2回)

2018.05.10

みなさま、こんにちは! 諫早独楽劇場の寺井よしみです。

コマゲキジョウ新聞 コマゲキジョウ新聞 コマゲキジョウ新聞

さて第2回です。何を話しましょうかね~。

そうそう! 時々、通りがかりの方から「独楽劇場って何ですか?」と聞かれます。こういうとき返答に困ります。「劇場です」と答えると、だいたいわかったようなわからないような顔をされます。そして「毎日芝居をやってるんですか?」と聞かれます。うーんちょっと違う。

また、「ライブハウスです」と答えるとだいたいの方は納得という顔をされます。でも独楽劇場は音楽ライブもあるけど演劇公演もあります。やっぱりちょっと違う。

大人の遊び場かと思うと子ども達もやってきます。若い人だけが集まるわけでもなく、そこそこのお歳の方もやってきます。いろんなひとが行きかう場所です。私の「何でもありを良しとする」いい加減な方針のもと、個性豊かなひとたちが続々と集まってくるんでしょうね~(笑)。

ということで最近は「独楽劇場って何ですか?」って聞かれたらこんな風に答えます。「コミュニティセンターみたいなところ」。そう、そんな感じです。もっともっとたくさんの方に気軽に関わって頂いて楽しんでもらいたいなーと思っています。

さて、前置きが長くなりましたけど、本題に入りましょう。

まずは4月のおさらい。

先月のイベントの目玉はなんといっても嘉門タツオさんライブでした。デビュー35周年! 円熟の域に達したエンターテイメント! 昔のネタも今の時事ネタも面白く気がつけば笑いがとまらなーい! あー楽しかった!

もちろん、他の催し物も盛況でした。東京から演劇ユニット箱のみなさんを迎えての演劇公演も盛り上がりましたし、南谷朝子ライブは子供劇団ホーリーゴーストとの共演で感動して涙する方も。最後はみんなで歌って踊って! とってもにぎやかでした。

ギターが超絶うまいお二人、前田大喜&西山隆行、両氏を迎えての宴ライトも楽しかった。地元のファンがたくさんきてくださいましたよー! ありがとうございました。

5月もイベント盛りだくさんです!

劇団ヒロシ軍 旗揚げ11周年記念公演『GHG11』

まずは、劇団ヒロシ軍の旗揚げ11周年記念公演『GHG11』!  短編芝居で楽しませてくれます。いつものシュールで笑え、そしてうっかり感動してしまうヒロシ軍ワールド全開です!是非お祝いに来てくださーい!

また「泉邦宏×長沢哲 Solo×2+Duo」。サックス、尺八、笛、ギター、三味線、カリンバ、おもちゃなどを駆使する唯一無二の全身音楽家の泉邦宏の九州ツアーってことなんですけど。ぜ、全身音楽家ってなに!? 聞いたことないですよね。きっと聞いたことない面白い音楽が聞けることと思います!

そして、今月の「独楽劇場のシアターバー」は、十六夜企画『官能小説朗読会~ピアノとワインと文学と~』です。

独楽劇場のシアターバー 十六夜企画『官能小説朗読会~ピアノとワインと文学と~』

暗闇の中に、寄せては返す波の音が響く
やがてぼんやりとあかりが灯る
どこからともなくピアノが聞こえてくる。
サイドテーブルにはランプと一杯のワイン

十六夜企画は、俳優で演出家の今村節子が立ち上げたユニットです。コメントを頂きました。

はじめまして。十六夜こと今村節子と申します。
某公共図書館で官能小説の朗読会が催されたことを知り「私もやりたい!」と思ったのがきっかけでした。思いつきが徐々に形になって、「やりましょう♪」と言ってくださる方が集まってきて、気がつけばなんだかドキドキがぎゅっと詰まった場ができていました。
一夜限りの”夢”のひととき。官能と文学の間(あわい)を、どうぞご一緒にふわふわと漂ってくださいませ。

か、かんのう小説を朗読~!?ちなみにR15指定です(笑)。結構、みなさんに話すと驚かれます。でもみなさん興味津々なのも伝わってきます。これこそ、独楽劇場でしかやれない演劇公演なのではないでしょうか。わくわく~!!!

エロスを楽しむ朗読会。官能小説と謳っていますが、純文学や詩の中から今村節子が厳選したエロスを感じる文学作品を3人の女と1人の男が朗読します。また、独楽劇場のグランドピアノで生演奏の伴奏つきです。この朗読会のために曲も描き下ろしです!

「性」は「生」に通じ、エロスは命の根源。私はそんな風に思います。自分の「性」と向き合えず、自分の「性」の取り扱いを間違えてしまって「生きる」ことが苦しくなっているひとが世の中にどれだけいることでしょうか。自分の「性」を否定せずにまっすぐに楽しむ、おおらかな命の讃歌。

まあ、こんな真面目に捉えなくても興味本位で観に来ていただいても全然OK! お気軽に遊びにきてくださいね!

では、今月はこれにておしまい。


劇団ヒロシ軍 旗揚げ11周年記念公演『GHG11』

日時:2018年5月11日(金)20:00
        12日(土)14:00/19:00
        13日(日)14:00/19:00
会場:諫早独楽劇場(諫早市八天町15-4KGビル2F)
料金:一般2,000円(当日2,500円)
   22才以下1,000円(当日1,500円)
出演:荒木宏志、宮崎康平、山本安佳里(梅とチーズ)、藤本美花子(フリー)、山崎雅明(フリー)、平野千佳子(フリー)ほか
お問い合わせ:komagekihiroshigun@yahoo.co.jp、080-1772-7006(荒木)

「泉邦宏×長沢哲 Solo×2+Duo」

日時:2018年5月19日(土)19:30
会場:諫早独楽劇場(諫早市八天町15-4KGビル2F)
料金:2,000円+order

独楽劇場のシアターバー 十六夜企画『官能小説朗読会~ピアノとワインと文学と~』

日時:2018年5月26日(土)20:30
会場:諫早独楽劇場(諫早市八天町15-4KGビル2F)
料金:1,500円(1drink+駄菓子食べ放題つき)
出演:朔、またたび・もんろー、ヨーツベ、十六夜
ピアノ:hero・J
お問い合わせ:090-2079-9093(寺井)

【関連サイト】
諫早独楽劇場(Facebook)
諫早独楽劇場(Twitter)
エヌケースリードリームプロ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket